2019年09月08日

同巡フリテンの例と対処法

今回は、同巡フリテンについてだ。


麻雀において、アガリ牌が出て見逃した、もしくは片アガリなどでアガれない場合、自分のツモ番を経ないと再度アガリ牌が出てもアガることができない、という決めがある。

これを同巡フリテンという。


ネット麻雀では仕掛けが多い性質上、タンヤオの片アガリや、ファン牌バックの仕掛けもよく見られるが、
それゆえに同巡フリテンに泣かされた、という苦い経験をお持ちの人もいることだろう。


この決めがやっかいなのは、片アガリでアガれない方が出ても適用されるため、
やっとの思いで辿り着いたアガリ牌が無為になってしまうことである。



同巡フリテンになった際に、慌ててしまうと、その牌を鳴くべきかどうかなど正常な判断ができなくなってしまうので、
同巡フリテンになる可能性のある牌姿では、前もってどうするかを考えておくことが重要だ


天鳳でも同巡フリテンは結構なレアケースであり、遭遇する頻度は低い。
それが劇的なドラマを生んだりするので、なかなかにあなどれない。


今回は同巡フリテンの実戦例を紹介するとともに、場合によってはその対処法について記したいと思う。


例えば、同巡フリテンというルールの隙を突く打ち方がある。

オーラスアガリ競争時、がむしゃらにタンヤオ仕掛けをしている人がいる。

この人に対して危険牌を打ち出す時は、他家のスジを合わせ打ちするのが有効だ。

上家が1pを切ったら、4pを合わせ、上家が9pを切ったら6pを合わせる。

こうすることでタンヤオ仕掛けの片アガリを回避する可能性がわずかに上がる。

微差が重要な天鳳では、様々な角度からのアプローチがラス回避率を上げるということは言えるだろう。


それでは、同巡フリテンのドラマ性を楽しんでいただきたい。



case1
tenhou.26659.jpg

東3局、トップ目の南家。

ツモスーイーシャンテンとなり、ここで8sを切るとこれにラグがかかる。


tenhou.26660.jpg

下家が切り出した生牌の白にもラグ。もスルー。


tenhou.26661.jpg

実際はこう。対面は8sが同巡につき、白を当たれなかったのだ。


tenhou.26662.jpg

すぐさま、下家がフリテンの14mをツモって500・1000。

私の8sはいつ切っても良かったのだが、タイミングによってこういうことが起こる。

ファン牌バックについては片割れの予想が困難につき、同巡を狙って、というのはかなり難しいだろう。

自分は同巡で当たれないのに、フリテンを悠々とツモられた対面の心中はいかばかりか。

ちなみに、白をポンしないつもりなら、なるべくラグをかけない方がいいだろう。

虎視眈々と合わせ打ちの機会を狙っている他家は、ラグがない方が合わせ打ちしやすいからだ。



case2
38907.jpg

東3局、トップ目の北家。

他家の仕掛けに対応しているところ。ここから何を切るか?





38908.jpg

ほぼ安牌と思って切った3sが対面の単騎に刺さる。

想像以上に高く、7700。

8pのトイツ落としを見せているのに単騎待ち?かなり違和感のあるアガリ。


38909.jpg

どうしてこうなったかというと、片アガリの同巡フリテンだったからだ。

14sの4sのみでアガれる形だが、上家の1sによりフリテンになったため、やむなくチーして単騎を振り替えたと。


38910.jpg

私の3sはきわどく間に合っているのに、対面は3sに待ちを変え…


38911.jpg

再度掴まされる(笑)

つまり、少考チーの後の違和感のあるトイツ落としは常に同巡フリテンの可能性があるということ。

このケースは単騎待ちの警戒度を上げる必要がある(とはいえ、トイツ落としからの単騎待ちなので難易度は高いが)。

この局はフリテンを作ったのが上家、7700助かっているのが下家、私には因果関係がないのに、当たり牌を掴まされて7700の放銃。

やってらんねー、と言いたくもなるがこれも麻雀のうち。この半荘は3着で終了した。



case3
47855.jpg

オーラストップ目の下家が3フーロ。

678の三色かバックが濃厚の仕掛け。


47856.jpg

んで、手出しが6m。

3着目に差し込んで下さい、と言っているようにも見える。


47857.jpg

それを受けて3着目が、生牌の発切り。

これにラグがかかるも、スルー。


47858.jpg

さらに対面は生牌の南トイツ落としでサシコミに来たが当たらず。

私は三色なら当たり濃厚の7mを切るも、当たらず。


47859.jpg

親の8m切りに2連続でラグを見たあと、私が発を切ると、長考の末これをポン(笑)


47860.jpg

8mのトイツ落としで、100%同巡フリテンがわかるケース。

親リーチが来たら寒いでしかし。


47861.jpg

結果、親はテンパイできずに2人テンパイで終局。


47862.jpg

三色のカン7mに取って、裏目ったあと、さらに発に待ちを変えて同巡になったと。

協力者がいるのにこれだけ裏目り続けるパターンも珍しいだろう。



case4
tenhou.16642.jpg

オーラス、22400点持ち2着目の北家。

親がダントツトップ目で実質1局勝負。

一通にならない方でテンパイしたが、さてどうするか?





tenhou.16643.jpg

ダマにした。

リーチのメリットが少ないので。


tenhou.16644.jpg

親に赤5pを切られた直後に同巡の南が出た。

さて、これをポンする?





tenhou.16645.jpg

スルーした(鳴き無し)。

この局面、親に12000だけは打てないので、親の安牌を減らすポンはしない。

アガリに意味のある局面ならポンすべきだが、変に動いて親リーチを誘発しても自分の首を絞めるだけだ。

同巡フリテンになったとしても鳴かないと決めていたので、鳴き無しにしていた。


tenhou.16646.jpg

南をスルーすることでアガリが無くなるわけでは決してなく…


tenhou.16647.jpg

むしろ、南を鳴かない方が早いということもある。300・500。

同巡でも慌てず、臨機応変に。



case5
69005.jpg

上家リーチの宣言牌をチーして攻め返す。

ドラが使い切れるチーテンなら喜んで。


69009.jpg

生牌の東を切ると、親がやや迷いながらポン。

(この逡巡が同巡の間でもある)



69010.jpg

私がツモって1000・2000。


69011.jpg

対面の7p切りのタイミングが絶妙ゆえに、私が2900を助けられ、なおかつ私のアガリ。

失点する場面で得点に結びつけているのだから、トップになるのもうなずける話だ。

先ほどとは違って私が得をしたケース。ならせば大体均等になるのか。



case6
70974.jpg

東2局の親番。

場に3枚目のペン7sを仕掛けて…


70975.jpg

白切りとした。打点は大分下がるが、アガリやすさが違う。


70976.jpg

9sをツモ切ると、上家のロンの声。

あれ?対面2巡前に切ってるけど、上家の手出しあったっけ?あれ?(錯乱)


70977.jpg

純チャン三色ドラ1の7700!高し!


70978.jpg

つまり、下家の6sが同巡フリテンで当たれずだったと。

下家はベッタベタにオリてるのに、白も合わせずなぜこのタイミングで6s?

唐突にロンと言われる理不尽さが同巡フリテンの醍醐味か。

この後奮起し、2着浮上できたのは幸いだった。



case7
73559.jpg

親がドラポンからの2フーロ。

こちらもテンパイだが、どうするか?





73560.jpg

1sは危険度が高くて吐き気がしたが、勝負した。

かわしに行ったと思しき対面は南のトイツ落としで機能していないし、ドラを鳴かせた張本人はベタオリしている。

ここで踏み込んでいくのは通常損だし、天鳳ならなおのこと。

現物待ちなので、上家のケツを拭こう、という気概から。


73561.jpg

一発目に親に9mを打たれて嫌な予感がする。

ここじゃないぞ。ここじゃ。


73562.jpg

ここじゃないってばよ!

アガリを逃した私はこの後オリに回る。


73564.jpg

親の一人テンパイで流局。

上家の6m切りは、同巡の可能性込みで合わせていたとすれば、やはり押し損の要素は強い。



case8
73574.jpg

南3局、22900点持ち2着目の南家。

親から1pが出たが、どうするか?





73575.jpg

チーテンに取った。

やや軽いが、他家にスピードを合わせてラス目の親を流す狙い。


73577.jpg

下家が7pを切った同巡に、対面に4pを切られて当たれない。


73578.jpg

しかし、無事に親から出てアガることができた。1000点。

親は4pチーしていたのに?


73580.jpg

親は出来メンツからのチーだった。

なるほど、確かに有効牌が広くなるというメリットがある。

が、時に裏目と出ることもある。



case9
75781.jpg

オーラス20200点持ちラス目の南家。

3着目の親とは300点差のアガリラス回避だ。

2mから積極的に仕掛ける。


75783.jpg

何とかテンパイにこぎつける。

ここでは迷ったが、3m切りのトイトイに受けた。


75785.jpg

3m切りの直後に下家の切った東に親のポンが入る。


75786.jpg

そして、3mのトイツ落とし。

やや違和感のある手順。


75788.jpg

トップ目からリーチが入って、6pツモ。

一発目の8pは押したが、さてどうしよう?





75789.jpg

これは直観的に切れないと感じ、4mのトイツ落としをすると、親に刺さる。

単騎かーい!の3900。

6pはリーチに当たりで八方塞の図。

ツモってもらえばラス回避だし、親に打ってもまだ続くので、リーチに放銃するのだけは最悪だ。


75790.jpg

つまり、3mが同巡フリテンで当たれずだったのだ。


75791.jpg

リーチを受けて、親が一発目にたまたま持ってきた牌が4mだったと。

親も八方塞だったが、まさか4m単騎でアガれるとは思ってもいなかっただろう。

この放銃が響き私はラスで終了した。なかなかに壮絶な同巡フリテンの攻防ではないだろうか。



case10
69932.jpg

南1局、26400点持ち2着目の西家。

3枚目の7sを仕掛けて、一通の片アガリに取る。


69935.jpg

下家が3sを切った直後に対面が6s切り。

同巡で当たれない。


69936.jpg

さらに、上家が6sを合わせた。

鳴き無し解除済みで、鳴ける状態だが、さてこれを鳴く?





69937.jpg

スルーした。

チーしてマンズのフリテンに取る手もあるが、いずれにせよアガリにくい。

雀頭が捌きやすい形であれば、トイツ落としした方がアガリは見込めるが、この場合はドラなので切れないからだ。

そして、この場合上家下家が完全に対応に回っている様子なので、もしかしたら…


69938.jpg

こういう可能性を見てのスルーだ。3900。

通常同巡で見逃しているとは考えないので、トイツで持っているならかなりの確率で出てくる。


重要なのは、同巡フリテンになった時に備えて仕掛けるかどうかの準備を事前にしておくことで、そのための鳴き無し解除も機敏にできるかどうかということだ。

本来仕掛けないならば鳴き無しである方が好ましいが、この場合は出た時に備えて鳴き無し解除を事前に行えたのがよかった。

鳴き無し派は同巡フリテンなど、不測の事態に備えて準備をしておくことが時として重要であると言える。
ラベル:天鳳 振聴
posted by はぐりん@ at 23:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: