2017年12月03日

十段終わりました

53824.png

九段に降段した。

前回のポイント状況から4戦で2ラスを引き、
粘るも何もなく直滑降で降段した。


「あなたには天鳳位はまだ早いわ。」
鳳凰卓の女神様はこのようにおっしゃっておられる。




53917.jpg

九段降段時の成績(最後のラス1試合のみ反映されていない)。


当たり前だが、十段昇段時と比較すると全体的に悪化している。
自分自身、この結果と向き合うのは辛い作業だ。

ちなみに、十段在籍の試合数はわずか89戦。

89試合 18−23−21−27 平均順位2.64 安定段位4.556 となっている。

実は、十段昇段後は一度も原点の2000ptを超えることはなく、
1500pt前後をうろうろしていたが、
この度の不調でそれを一気に吐き出してしまった。

感覚的にはポイントが半分以下となる3ケタがデッドラインで、
それを下回ると、加速度的にポイントは失われるという印象が強い。


降段が近づいてくるというプレッシャーが無意識的に襲ってくるからか、
少し焦った着手が通常より多くなる印象が私の中にもある。


とはいえ、好調のMAX時に十段昇段にギリギリタッチできたということでもあるので、
その成果にはありがたいという気持ちでもいる。


今回はこのような形で短期で十段降段という結果になってしまったが、
私自身は悲観しているというよりもむしろ、前向きな気持ちでいる。

落ちたら、また上がればいい。


天界から垂れ下がるクモの糸は皆の前に等しく並んでいる。

そもそも、運だけで十段に上がって、運だけで天鳳位になったら運だけ天鳳位と揶揄されるに決まっている。

九段十段での経験をもう少し積み、辛酸を舐めてこそ、天鳳打ちとしての価値も高まるのではないだろうか。

むしろ、十段タッチの回数を稼ぐチャンスであるとすら思っている。

再度チャレンジ、やってやろうじゃないか。



さて、今回は十段の戦いの中で印象に残った半荘をピックアップしてみた。



case1
54138.jpg

東4局の南家。

さて、何を切るか?





54139.jpg

ここはタンヤオを見て1sから切った。

マンズが伸びた際に、ピンズを厚く持っておくことで柔軟な対応が可能になる。


54140.jpg

対面に2sをポンされた結果、絶好の5pを引き入れてテンパイ。

対面のホンイツに危険な6sだが、ここは当然勝負!


54141.jpg

ロンと言われて、いつもより音にタメがある。

「ん?」とかなりの違和感を覚えた直後…


54162.jpg

ジャーンという銅鑼の音とともに開かれた緑一色(ノω・、) ウゥ・・

これにて私は一瞬で飛び終了となってしまった。

ちなみにネットリアル通じて緑一色に放銃したのはこれが初めてだ。

放銃直後のタメ、たまらんのぉ…。


54143.jpg

この6sを持ってきた時点で、まっすぐ行くと助からない。

親が北トイツ落とし発進だったので、警戒は特に親に向いていて、
対面の緑一色は恥ずかしながらノーケアだった

ケアしたとしても、カン5pツモなら飛び出る6sだろう。

自分に都合の悪いような巡り合わせになるのが、不調時の牌運だ。


54144.jpg

仮にここで2sから切っていると、対面はどうやっても緑一色にはならない。

一打の後先が結果に影響を与える麻雀の怖さをまざまざと思い知ることとなった。


ちなみに、役満放銃についての私の見解は最近変わりつつある。

少し前までは、絶対に放銃したくない、放銃などありえない、自分がアガるために役満はあるのだ、とそう思っていた(普通はそうだろう)。


しかし今は違う。

役満というのは麻雀においても特別なものであり、天鳳においても私が役満を直撃してきた人は程度は違えどその後不調に陥っているケースが多かった。

それは仕方ないことではあるが、役満を直撃することがその人に引導を渡してしまう辛さみたいなものを最近考えるようになった。

勝負の世界においてこういう考え方は甘いし、私自身の傲慢でしかないという見方もあろう。

ただ、なんとなく私が放銃を請け負う側でいいんじゃないか、と最近は考えるようになった。


一言でいうと、こうだ。

「卓上の不条理をすべて私が引き受けて、その上で勝つ。そして私は消えよう(FFか!)」

お後がよろしいようで。



case2
54145.jpg

役満放銃した次戦。

下家が白ポンから、後重なりと思われる中もポン。


54146.jpg

そして、大三元のツモ。

まあ、これは想定内なので驚かない。


54147.jpg

オーラス1本場。3着目の対面からリーチ。

2着目の私は直撃だけは避けたいところ。

ここで想定される事態は…


54148.jpg

下家が差す!


54149.jpg

下家が差す!

(はよドラ切ってやりーな)


54150.jpg

下家が差す!

(てか14s持ってないな?)


54151.jpg

下家が差す!


54153.jpg

・・・。


54154.jpg

と、思ったら私がテンパった。

ここは、4m切りダマ、からの〜?


54155.jpg

ツモぉ。8000オール持って集合。

んでどうなった?


54157.jpg

捲ってねーしおすし!

ちなみに、最後にツモじゃなかったらテンパイを崩すのが良さそう。



case3
54158.jpg

東1局、いきなり親が回線落ち。

これはチャンスとばかりに8mを連打していると…


54159.jpg

ありゃ?

うっかり我が出てしまった。

これも降段寸前のポイントがなせる業なのか。

好調時など冷静に打っている時はこういうのはないはず。


54160.jpg

まさかの全員ノーテン。

私はテンパイだったのは確実で、アガリまであったかもしれない。

この半荘もラスに沈んだ。

我を卓上に持ち込んでもいい結果にはならないということである。



我、と言えば…




54161.jpg

コインの状況はこうなっている。

1週間ちょっとで+33%。

NYの連銀総裁が「(ビットコインは)安定した価値の保存手段ではなく、(基軸通貨の)ドルの脅威ではない」と発言したことを受けて、一時的に90万を割り込む水準まで暴落したが、その後は値を戻した(現在は122万前後)。

現状の暴落局面は非常にいい買い場となっている。
この状況はもう少し続くだろう。

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

今、ビットコインが急騰している本当の理由

端的に言うと、ビットコインを保有していることで新たに生まれるコインをただでもらえるからだ。

ビットコインのハードフォークによってビットコイン・キャッシュ、ビットコイン・ゴールドという通貨の分離があったことは記憶に新しいだろう。
ハードフォークとはビットコインを管理するブロックチェーンの仕様変更の方法の一つだが、
このハードフォークによってビットコインはAとBに完全に分離する

本来ビットコインAを保有している者全員がビットコインBを受け取れる性質のものであるはずだが、
現状それはコインの取引所によって対応が違う。
つまり、ビットコインを置いておけば新しいコインも配布しますよ、という取引所に対して駆け込み需要が発生しているわけだ。

コインをただでもらえると聞くと、資産がどんどん増えていくイメージを持っている人もいるだろうが、勘違いしてはいけない。
ハードフォークは株式の増資のようなもので、発行する通貨の量が増大する分、本質的には分離する前の通貨、つまりビットコイン自体の価値は下がるはずの性質のものだ。


それではハードフォークによってなぜビットコインの値段が下がらないのか?


それは、現在の仮想通貨市場が猛烈な勢いで成長し続けているからだ。

分裂した通貨の価値はハッシュパワー(マイニング採掘量)の大きさに依存するとも言われているが、
結局は需要と供給で決まる。ビットコインAを保有したいと思う人が多ければ多いほどAの価格は上がる。

仮想通貨市場が拡大の一途を辿っているため、需要が後を断たずに分離後も何事もなくビットコインの価格は上昇し続けている。これが成熟した市場であればこうはいかないはずだ。

ビットコインのハードフォークは端的に言えば、中華マイナーの利害対立から生まれているものであり、
資本主義の構造に根差している。
成長途上にある市場ゆえに、我々に甘い幻想を抱かせ、利権を確保しようとしているということを忘れてはならない。


それでは、今後の戦略としてはどうするのがいいか?

今後もビットコインのハードフォークは続々と予定されている。
その日程は概ね以下の通り。

@ビットコインプラチナム 12月12日予定
Aスーパービットコイン  12月17日前後
Bビットコインウラン   12月31日予定
Cビットコインシルバー  12月予定
Dビットコインキャッシュプラス 2018/1月予定


要は、これらの日程に合わせて駆け込み需要が発生し、コインをもらおうとする動きが増える。

逆に言うと、コインをもらったら一旦手仕舞いする動きが出る可能性がある。

もうお分かりだろう。
これらのハードフォークの前に仕込んでおき、ハードフォークが終わるか終わらないかで売り抜く。
これがビットコインにおける短期利ザヤを取る一つの戦略である。
(投資は自己責任でお願いします)


私の利用しているコインチェックでは、ビットコインゴールドを付与予定(時期は未定)であり、今後の対応も国内では最も期待できる取引所となっている。

↓ビットコインの口座開設はこちらから coincheck
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

麻雀と一緒で、投資も戦略だ。

冷静に動向を見守っていこうではないか。
ラベル:天鳳 降段 不調 記録
posted by はぐりん@ at 00:59| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
10段坂お疲れ様でした。緑一色嬉しかったです。はぐりんさんよく観戦させて貰ってますけどついてないですね。お互い9段坂頑張りましょう。
Posted by ろん at 2017年12月08日 11:34
>>ろんさん
ありがとうございます。
立て直しを図っているところでの緑一色は効きましたw
あれで降段一直線みたいな感じになりました。
お互いがんばりましょう。
Posted by はぐりん@ at 2017年12月08日 18:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: